heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

cabos

28

2011年9月:Cabosで児童ポルノ画像を公開の男性、児ポ法違反で逮捕

Cabos_Logo2011年9月28日、Cabosを使用し児童ポルノ画像を公開していたとして、京都府警サイバー犯罪対策室と五条署などは、京都府京都市の会社員の男性(31)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)とわいせつ図画公然陳列の容疑で逮捕した。男性は容疑を認めているという。

逮捕容疑は2011年8月26日、自宅のパソコンからCabosを使用し、児童ポルノ画像2点を不特定多数に閲覧可能な状態にした疑い。

男性は「ポルノ画像を集めたかった。Cabosはデータを拾いやすかった」(毎日jp)と供述しているという。

男性は3年以上前からCabosを使用しており、男性のパソコンからは児童ポルノと見られる画像約300点と、わいせつ画像約2,000点が見つかっている。

15

2011年9月:Cabosで児童ポルノ動画を公開目的所持の男性、児ポ法違反で逮捕

Cabos_Logo2011年9月15日、児童ポルノ動画をCabosで公開する目的で所持していたとして、佐賀県警少年課と佐賀署は、佐賀県神埼郡の自営業の男性(47)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列目的所持)の容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、2011年9月15日午前11時半頃、男性が経営する会社事務所のパソコンに、女児のわいせつな動画1点をCabosを使用し不特定多数に閲覧させる目的で所持していた疑い。

佐賀県警少年課が2011年7月に実施したサイバーパトロールにて男性を発見し、捜査に着手していた。家宅捜索では、パソコン、ハードディスク、DVDなど約120点が押収された。

12

2011年9月:Cabosで児童ポルノ動画を公開の男性、児ポ法違反容疑で逮捕

Cabos_Logo

2011年9月12日、Cabosを使用して児童ポルノ動画を不特定多数に閲覧可能な状態にしたとして、福岡県警少年課などは、福岡県福岡市の公立中学教諭の男性(56)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)ノ容疑で逮捕した。男性は容疑を認めているという。

逮捕容疑は、2011年7月23日夜、自宅のパソコンからCabosを使用し、14歳以下と見られる少女のわいせつな動画2点を不特定多数が閲覧可能な状態にした疑い。

調べによると、男性は「ファイル共有ソフトで動画をダウンロードした」(時事)などと供述しているという。

6

2011年7月:P2Pファイル共有ソフトを使用した児童ポルノ事件、3度目となる全国一斉摘発

2011年7月6日、愛知県警、警視庁、千葉県警、大阪府警、滋賀県警、福岡県警、北海道警など13都道府県警は、ファイル共有ソフトを使用して児童ポルノを公開したなどとして、全国33箇所を家宅捜索、26〜55歳の18人の男性を児童買春・児童ポルノ禁止法違反やわいせつ図画公然陳列などの容疑で逮捕するとともに、高校生を含む15〜59歳の18人の男性を任意で取り調べ、書類送検する方針を明らかにした。この一斉摘発は、5日から6日にかけて行われた。P2Pファイル共有ソフトを使用した児童ポルノ事件の一斉摘発は、2010年9月2011年2月に続き、これで3度目。ほぼ5ヶ月おきに行われている

摘発された男性らは、ShareやCabos、eMule、MP3 Rocket、LemmonWireなど6種類のファイル共有ソフトを使用していた。LemmonWire(Gnutellaサーバント)を使用した児童ポルノ事件の摘発はこれが初となる。

愛知県警は、インターネット上に氾濫する児童ポルノを取り締まるため、情報交換や監視、捜査技術の向上を各都道府県警に呼びかけ、今年2月に全国10道府県警が参加する集中取り締まりプロジェクトを発足。その後、3都県警が参加していた。

愛知県警

愛知県警は、ファイル共有ソフトを使用して児童ポルノを公開していた大阪府の会社員の男性(36)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、 6月17日夕方ごろ、ファイル共有ソフトを使用し、児童ポルノ動画1点を不特定多数が閲覧可能な状態にしていた疑い。

男性はおよそ4,400のファイルを公開していたとみられている。 男性は容疑を認め、「興味本位だった」と供述している(asahi.com)。

愛知県警は、他2人の男性も同法違反容疑で逮捕した。

北海道警

2011年7月5日、Shareを使用し、児童ポルノ動画やテレビ番組を公開していたとして、北海道警と札幌豊平署は、山形県寒河江市の新聞社社員の男性(27)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)および著作権法違反などの容疑で逮捕した。男性は容疑を認めている。

逮捕容疑は2011年6月29日、自宅のパソコンからShareを使用し、児童ポルノ動画やテレビ番組『水曜どうでしょう』などを不特定多数に閲覧可能な状態にした疑い。男性は、わいせつ動画やアダルトアニメ、民放のバラエティ番組など約1万1000点の映像ファイルを共有していたという。

北海道警は男性宅から、パソコンやハードディスク6台などを押収した。

2011年7月6日、Shareを使用し、児童ポルノ動画やわいせつ動画、アニメ作品、コミックなどを公開していたとして、海道警留萌署と旭川方面本部生活安全課、旭川方面情報通信部情報技術解析課は、東京都葛飾区の会社役員の男性(36)を、著作権法違反、児童買春・児童ポルノ禁止法違反、わいせつ図画公然陳列の容疑で逮捕した。詳細はこちら。

千葉県警

千葉県警は、6箇所を家宅捜索し、2名の男性を現行犯逮捕した。

容疑はそれぞれ、自宅のパソコンから、CabosやMP3 Rocketを使用し、児童ポルノ動画を不特定多数に閲覧可能時な状態にした疑い。

滋賀県警

2011年7月6日、ファイル共有ソフトを使用し、児童ポルノ画像などを公開していたとして、滋賀県警は、滋賀県長浜市の会社員の男性(37)と、兵庫県姫路市の会社員の男性(47)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの容疑で逮捕した。

容疑はいずれも、ファイル共有ソフトを使用し、児童ポルノを不特定多数に閲覧可能な状態にした疑い。

福岡県警

2011年7月5日、ファイル共有ソフトを使用し、児童ポルノ画像を公開していたとして、福岡県警少年課と中央署は、福岡県福岡市の介護士の男性(26)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)の容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、2011年7月5日朝、自宅のパソコンからファイル共有ソフトを使用し、18歳未満の少女のわいせつな画像1点を、不特定多数に閲覧可能な状態にした疑い。

19

2011年4月:児童ポルノ画像をCabosで公開の男性、児ポ法違反容疑で書類送検

Cabos_Logo2011年4月19日、徳島県警少年課と徳島東署は、Cabosを使用して少女のわいせつな画像を不特定多数の閲覧可能な状態にしたとして、大阪府の自営業の男性(48)を児童売春・児童ポルノ法違反(公然陳列)の容疑で、徳島地検に書類送検した。

送検容疑は、自宅PCからCabosを使用し、18歳未満の女児のわいせつな画像を不特定多数が閲覧可能な状態にした疑い。

今年1月、愛知県警から通報を受けたことが捜査の端緒となった。

毎日jpによると、徳島県警は「10都道府県の警察と協力し、インターネット上に公開された児童ポルノ画像の取り締まりを強化している」という。こうした都道府県警間の協力関係は、警察庁の主導する「全国協同捜査方式」のネット犯罪対策と直接関係しているものかどうかはわからないが、いずれにしてもこうした連携により、今まで以上に効率的な捜査、摘発が進められているのかもしれない。

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ