heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

鳥取県警

23

2011年6月:ファイル共有ソフトで児童ポルノを公開の男性、児ポ法違反容疑で現行犯逮捕

2011年6月23日、ファイル共有ソフトを使用し、児童ポルノ動画を不特定多数に閲覧可能な状態にしたとして、島根県警出雲署は、島根県出雲市のブラジル国籍の会社員の男性(39)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、同日午前9時頃、自宅のパソコンよりファイル共有ソフトを使用し、児童のわいせつな動画を不特定多数が閲覧可能な状態にした疑い。

県警少年女性対策課のサイバーパトロール中に、同男性による児童ポルノの公開を発見、家宅捜索にてパソコンを確認し、その場で逮捕した。

なお、ファイル共有ソフトの種別は不明。

22

2011年6月:ShareでPCゲームとコミックを公開の男性、著作権侵害容疑で逮捕

share2011年6月22日、Shareを使用し、PC用ゲームソフトおよびコミックを、不特定多数に送信可能な状態にしていたとして、鳥取県警生活環境課と松江署は、鳥取県境港市の自衛官の男性(29)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。男性は、2011年5月30日、Shareで児童ポルノ画像を公開目的で所持していたとして逮捕されていた

逮捕容疑は、2010年3月3日頃、コミック『ぽにぽに 第10巻』(スクウェア・エニックス)およびPC用ゲームソフト『真・三國無双4 Special』(コーエーテクモゲームス)を、2010年9月10日に、PC用ゲームソフト『信長の野望 天道』(コーエーテクモゲームス)を、いずれもShareを使用し、権利者に無断で、不特定多数に送信可能な状態にした疑い。

調べによると、男性はWinnyで入手したファイルを、Shareに流していた、所謂「輸入」をしていたという。また、男性はゲームソフト、わいせつ画像、映画、アニメ動画、コミックをShareで公開していたと見られており、家宅捜索で押収したパソコンからは、約1,600のファイルを共有していたことが確認された。

また、男性が公開していたと見られている『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第14巻』(角川書店)についても、権利者が告訴しているとのこと。

男性は調べに対し、「ダウンロードの速度を安定させたかったのでアップロードしていた」(ACCS)と供述している。

男性は、2011年5月30日に、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列目的所持)の容疑で現行犯逮捕され、6月21日に児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)およびわいせつ図画公然陳列の罪で起訴されている。

本件は、島根県警のサイバーパトロール中に発覚し、ACCSを通じて権利者に連絡、告訴に至ったものと見られる。

個人的に気になったのは2点。1つは、逮捕容疑が1年以上も前の公開であること。ISPがログを1年間も保存しているとは思いにくいのだけれども、固定IPだったのか、ファイルの作成日時から割り出したのか。もう1つは、5月30日の逮捕が児童ポルノの公然陳列目的所持の容疑で逮捕されているものの、児童ポルノの公然陳列およびわいせつ図画公然陳列の罪で起訴されている点。

30

2011年5月:児童ポルノ画像をShareで公開目的所持の男性が現行犯逮捕

share2011年5月30日夜、Shareを使用し、児童ポルノ画像を不特定多数に閲覧させる目的でパソコンに保存していたとして、鳥取県警松江署は、鳥取県境港市の陸上自衛官の男性(29)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列目的所持)の容疑で現行犯逮捕した。男性は容疑を認めているという。

逮捕容疑は、30日午後9時50分頃、Shareを使用し、不特定多数に閲覧できる状態で、自宅のパソコンに18歳未満の女子児童のわいせつ画像を保存していた疑い。

男性は調べに対し、「弁解することはない」(NHK)と供述し、容疑を認めている。また、警察は余罪についても捜査を進めるという。

現役自衛官の逮捕に、防衛省は「このような事案が発生したことについては誠に遺憾であり、再発防止を徹底したい」(TSK)とコメントしている。

追記

ACCSによると、男性は2011年6月21日、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)およびわいせつ図画公然陳列の罪で起訴された。また、2011年6月22日、PC用ゲームソフト及びコミックの公衆送信権侵害の容疑でも逮捕された。

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ