share2011年8月9日、Shareを使用して児童ポルノ動画を不特定多数に公開していたとして、熊本県警と熊本北署は、長崎県西海市の市職員の男性(37)を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)の容疑で現行犯逮捕した。男性は容疑を認めているという。

逮捕容疑は、2011年8月9日午後3時半頃、自宅のパソコンからShareを使用し、10歳前後の複数の少女のわいせつな動画3点を、不特定多数に閲覧可能な状態にしていた疑い。

熊本県警が7月に行ったサイバーパトロールにて、男性による児童ポルノ共有が発覚し捜査に着手。8月9日朝から自宅、勤務先などの家宅捜索を行なったところ、自宅のパソコンにて児童ポルノ動画が不特定多数に閲覧可能な状態で発見された。

2011年8月30日、男性は熊本簡裁から罰金30万円の略式命令を受けた。これを受け、西海市は9月1日付で、同男性を懲戒免職処分にした。