heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

情報漏洩

29

2009年7月: Winny暴露ウィルスで漏洩した情報をShareに輸入したユーザ、著作権侵害容疑で逮捕

shareShareを利用した著作権侵害による逮捕事例としては3例目に当たるのだろうが、この事件はやや背景が入り組んでいる。

2009年7月29日、Shareを利用し、日本IBMが著作権を持つ「JAVAコーディング・設計の落とし穴」などのドキュメントファイルを、無断でネットワーク上で送信可能状態に置いたとして、東京都の無職男性(50)が、警視庁生活経済課などに逮捕された。

実はこの事件、2009年1月に発生した日本IBMの業務委託先従業員によるWinny上での情報漏洩に端を発する。この情報漏洩(IBM ニュースリリース)により、「授業料徴収システム関連の一部の資料」とそれに関連した多数の個人情報が、Winnyネットワーク上で入手可能となってしまった。逮捕された男性は、Winnyを利用してこの漏洩情報を入手し、それをShareネットワーク上にリリースするという、いわゆる「輸入」を行っていた。

日本IBMとしては、自社のドキュメントファイルの著作権などよりも、漏洩した情報の流通を食い止めたい、対処したいところだったろうが、残念なことに直接的に対処するための術は存在してはいない。そのため、苦肉の策ではあるが、漏えい情報に含まれていた自社著作物の著作権侵害であるとして、男性を検挙するにいたったのだろう。

こうした強引とも思えるやり方について、専門家は以下のように解説している。

ITジャーナリストの佐々木俊尚さんは「情報を流出させた個人は著作権法違反か窃盗罪を適用するぐらいしか立件のすべがない。個人情報窃盗罪のような刑罰の新設が何度も検討はされているが、その対象や適用範囲をどうするのかについて法の専門家の間でも意見がまとまっていないのが現状だ」と話す。

国立情報学研究所客員教授の岡村久道弁護士(情報法)も「情報セキュリティーの法整備はまだまだ遅れている。著作権法違反での摘発が続くのもそのためだ」と指摘。一方で「(同法違反が)安易に摘発の道具のように使われることに危うさも感じる。事案の悪質性とのバランスをどう考えるかが問題だ」という。

情報流出、法律間に合わず 摘発「奥の手」頼り: asahi.com

 

別の行為を抑制、抑止するために著作権を行使したとしか考えられないわけで、こうした指摘は全うであろう。問題は、こうした問題に対処しえないことであり、そのために著作権が目的を超えて使われ続けるというのは実に不健全である。

男性は、「著作権侵害になるとは思わなかった」と容疑を否認しつつも、漏洩情報の輸入については、「IBMが何の対応もせず、このままでは(流出の事実を)隠蔽(いんぺい)されると思ったので、シェアで流した」と話していたという(MSN産経ニュース)。

2009年9月28日、男性は東京地検に略式起訴され、処分が確定した。処分は定かではないが、略式命令の場合、100万円以下の罰金または科料となる。

参考記事

23

2009年2月: Winny暴露ウィルスによる盗撮画像流出、撮影者の男性を逮捕

winny_logoWinny暴露ウィルスに感染したPCより漏洩した盗撮画像がネット掲示板等で話題となり、PCの所有者であり盗撮画像を撮影した宮城県の会社員男性(28)が出頭、2009年2月23日、県迷惑防止条例違反で宮城県警塩釜署に逮捕された。逮捕容疑は、同月6日、県内の100円ショップにて女子高生のスカートの中を盗撮した疑い。

この一件は、男性がWinny上に氾濫している暴露ウィルスに感染し、漏洩した個人情報を入手した人物が2ちゃんねるダウンロードソフト板にて報告したことに端を発する。その後、漏洩した情報から撮影者個人や撮影場所の特定が進められ、同月8日深夜には、本人と思われる人物が掲示板に降臨。盗撮を謝罪するとともに、出頭することを約束。翌日には塩竃署に出頭し、事情聴取、家宅捜索を受けたことなどが書き込まれた。

この一件は、Winnyを利用していたことで発覚した事件であり、直接関連するニュースではないのかもしれないが、その過程にP2Pファイル共有が大きく関わっているため、掲載することにする。なお、この記事は、漏洩した情報を入手し、個人を特定することを是とするものではない。

参考記事

13

2008年3月: Winny暴露ウィルスによる児童ポルノ画像流出、撮影者の男性を書類送検

winny_logoWinny暴露ウィルスに感染したPCより漏洩した児童ポルノ画像がネット掲示板等で話題となり、PCの所有者であり児童ポルノ画像を撮影した神奈川の会社員男性(41)が出頭、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造)のの容疑で横浜地検に書類送検されていたことが、2008年3月13日にわかった。

男性は、知人女性宅で女性の長女(10)が寝ているところを、衣服を脱がせ、下半身などを撮影し、PCに保存していた。Winny暴露ウィルスに感染したことにより、そのデータや、男性の氏名、住所、電話番号、メールアドレス等情報が漏洩し、その情報を取得した人物が2ちゃんねるにて報告したことで、この事件が発覚した。

男性は当初ウィルスに感染したことに気づいていなかったが、メールで本人に通知する人物が現れるなどして、情報漏洩と事件の発覚を知った。言い逃れできないと悟った男性は、当時の上司に付き添われて出頭した。

この一件は、Winnyを利用していたことで発覚した事件であり、直接関連するニュースではないのかもしれないが、その過程にP2Pファイル共有が大きく関わっているため、掲載することにする。なお、この記事は、漏洩した情報を入手し、個人を特定することを是とするものではない。

参考記事

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ