heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

埼玉県警

13

2011年1月【一斉摘発】 Shareでを公開の男性 著作権侵害容疑で逮捕(埼玉県警)

share2011年1月13日、Shareを使用しアニメや映画を権利者に無断でShareネットワーク上に公開したとして、埼玉県警サイバー犯罪対策センターと大宮署は、東京都板橋区のタクシー運転手の男性(25)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2010年9月3日頃、Shareを使用し、映画「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」、アニメ「クロスゲーム 第47話」(小学館集英社プロダクション)、「ドラゴンボール改 第69話」(東映アニメーション)、「機動戦士ガンダムOO セカンドシーズン」(第25話 サンライズ)、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第64話」(アニプレックス)、「新世紀エヴァンゲリオン 第26話」(キングレコード)の6作品を、不特定多数が閲覧可能な状態にした疑い。

県警サイバー犯罪対策センターによると、男性は「八百万の幼女」というトリップを使用し、Shareにて約3000作品を公開していたと見られている。男性は調べに対し、「みんなに見てもらいたかった。『2ちゃんねる』で好反響がありうれしかった」などと供述しているという。(MSN産経

男性のトリップを調べてみると、逮捕直前の2011年1月11日までShareでアニメを放流していたようだ。

30

[1130一斉摘発]Shareで映画・音楽を違法配信、男性を逮捕: 埼玉県警

shareShareを利用し、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や大塚愛の楽曲データなどを公開したとして、埼玉県警生活安全企画課と大宮署は2009年11月30日、埼玉県の期間雇用の男性(23)を逮捕。

男性は、9月17日から10月1日の期間に、大塚愛やコブクロの楽曲データ、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー part3」、映画「DEATH NOTE」、「DEATH NOTE the Last Name」、アニメ「らき☆すた」など映像、音楽等1000個のファイルをShareで公開していたと見られている。調べに対し「古い物なので捕まらないと思った」などと供述しているという。( MSN産経ニュース

上記の事件の検挙は、2009年11月30日から12月1日のShareを利用した著作権侵害ユーザ11名の一斉摘発の一環として行われた。

参考記事

17

2009年8月: 国内公開中の海外映画をShareで公開した男性、逮捕

share2009年月17日、ファイル共有ソフトShareを利用して「ハリー・ポッターと謎のプリンス」など映画3作品をオンラインで共有していたとして、埼玉県警生活安全企画課は、埼玉県の無職男性(28)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2009年7月5日から29日にかけて、Shareを利用し映画3作品を不特定対数のユーザに公衆送信しうる状態にした著作権侵害の疑い。男性は「(パソコンに感染した)ウイルスがやった。自分は知らない」と容疑を 否認している という。

共有されていた「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は スペイン語字幕がついており、海外の映画館で盗撮されたもの とみられている。他にも来月11日に国内リリース予定のDVD「ウォッチメン」の動画もあり、こちらは海外で発売されたDVDからリッピングされたものと思われる。

今回のケースでは、海外の複数の映画スタジオからの依頼を受け、日本国際映画著作権協会が今年5月下旬に埼玉県警に相談したことから捜査が始められ、同協会の告訴をもって逮捕に至った。

また、容疑者の男性は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」など映画3作品以外にも、多数の映画をリリースしていたとみられている。

ネット上では昨年11月から今年7月にかけ、映画など約260作品が「God Bird」などの名義で配信され、公開前の作品を高画質で見ることができるとして知られていた。

シェア使いハリポタ新作配信 埼玉、著作権法違反容疑で男逮捕 - 47NEWS

実際に、260作品もリリースしていたことをどうやって確認したのかは不明だが、GodBird655EUgxhaのIDでShareネットワークにリリースされている映画等の作品はSharedbで確認できるだけでも、 208件ヒットする 。 Sharedbは2ちゃんねるの書き込みをベースにしているので、ヒットしたファイルがShareネットワーク上に存在しているかどうかは、実際に確認し てみないとわからないが…。かなりの量を放流していたみたいねぇ。ただ、映画が多いものの、アニメシリーズや音楽シングル・アルバムなども数多くあり、様々なジャンルに渡ってアップロードを繰り返していたとみられる。

この事件は、埼玉県警が扱っているが、同県警がP2Pファイル共有における著作権侵害を扱ったのは初めてとなる。

参考記事

12

2009年2月: Winnypユーザ、児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕

winny_logo2009年2月12日、WinnypやeMuleを利用し、 他の利用者に児童ポルノ動画を提供していたとして、千葉県の会社員男性(28)が、 児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供、提供目的所持)の容疑で、埼玉県警に逮捕された。逮捕容疑は、2008年9月24日、eMuleを利用し、外国人と見られる10歳前後の少女のポルノ動画を提供した疑い。また、2009年1月15日にも同様のポルノ動画をWinnypの共有フォルダに置いた状態でネットワークに接続していた。

emule押収した男性のPCにはeMuleはインストールされてはいなかったが、解析したところ、2008年3月から11月にかけて、eMuleを利用していたことが確認された。男性は、2008年11月にeMuleユーザが児童ポルノ共有で同県警に逮捕されたという報道を知り、怖くなって削除していた。それでも、Winnypの利用は継続していたようで、1日に約30GBものデータを送信していたと見られている(全て児童ポルノ動画かどうかは不明だが)。

男性は調べに対し、容疑を認め、「14歳以上はダメだ。eMuleは児童ポルノ動画を収集する最高のツールだ」(MSN産経ニュース)と供述していたという。

この件は、昨年6月、ドイツの捜査機関が国際刑事警察機構を通じ、警察庁に情報提供したことで捜査が開始された(asahi.com)。

参考記事

12

2008年11月: eMuleで児童ポルノ共有、男性3名を逮捕

emule2008年11月12日、eMuleを利用し、他の利用者に児童ポルノ動画を提供する目的で所持していたとして、和歌山県の団体職員男性(27)、広島県の会社員男性A(37)、東京都の会社員男性(36)が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供目的所持)の容疑で、埼玉県警に逮捕された。

県警によると、3人は同年9〜10月に、18歳未満の少女がわいせつな行為を受けている動画をeMuleの共有フォルダにおいた状態で、ネットワーク(ed2kなのかkadなのかは不明)に接続していたという。

彼らが共有していたファイルは、いずれも自身が撮影したものではなく、eMule以外にもWinnyやShareなどを利用し、インターネット上で収集されたものであった。eMuleを利用して児童ポルノ動画を交換していた理由として、「eMuleが最もレア(珍しい)なファイルを手に入れやすかった」(YOMIURI ONLINE)ためであったという。

この摘発は、同月ブラジルで開催された第3回「児童の性的搾取に反対する世界会議」を直前に控え、世界74カ国が連携して児童ポルノ撲滅に向けた国際的オペレーションの一環であったと見られる。日本での摘発に先んじて、ブラジルスペインでも、eMuleやKazaaを利用した児童ポルノ共有者の一斉摘発が行われていた。そうした捜査を進めていた海外の機関(おそらくはインターポール)から、日本のeMuleユーザが児ポ動画を共有しているとの情報を受け、埼玉県警が捜査を開始した。

なお、eMuleを利用した犯罪の逮捕事例は、これが初となる。

P2Pファイル共有ネットワーク上での児童ポルノ共有に対する摘発は、2002年7月のWinMXユーザの逮捕以降、久々のものとなったが、この事件を境に、頻繁に摘発がすすめられるようになった。

参考リンク

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ