heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

LimeWire

21

2011年6月:LimeWireで児童ポルノ動画を公開目的所持の男性、児ポ法違反で現行犯逮捕

LimeWire2011年6月21日、LimeWireを使用し、不特定多数に公開する目的で児童ポルノ動画を所持していたとして、佐賀県警少年課などは、熊本県熊本市のアルバイトの男性(34)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列目的所持)の容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、同日午後1時45分ごろ、自宅のパソコンに、LimeWireで公開する目的で、児童のわいせつな動画2点を保存していた疑い。

4月下旬の県警サイバー犯罪対策室のサイバーパトロール中に、同男性よる児童ポルノの公開が発覚し、捜査を行ってた。

20

2011年4月:児童ポルノをLimeWireで公開目的所持の男性、児ポ法違反容疑で現行犯逮捕

LimeWire2011年4月20日、LimeWireを使用し、少女のわいせつな画像を不特定多数に閲覧させる目的で所持していたとして、千葉県警市川署は、東京都板橋区の文部科学省施設企画課防災推進室職員の男性(32)を、児童売春・児童ポルノ法違反(公然陳列目的所持)の容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、2011年4月20日朝、自宅のPCにネットからダウンロードした少女のわいせつな動画や写真をLimeWireの共有フォルダに保存し、LimeWireを使用で不特定多数に閲覧可能な状態で所持していた疑い。

押収されたPCには、日本人の少女と見られる児童ポルノ動画などが多数保存されていたという。

男性は容疑について「間違いない」(時事ドットコム)「高校生くらいの女の子の動画をファイル共有ソフトでダウンロードした」(asahi.com)「高校生ぐらいに見える女性の裸を閲覧できるようにパソコンに保存した」(ANNニュース)と認めているという。

12

2011年4月:LimeWireで児童ポルノを共有の男性、児ポ法違反容疑で逮捕

LimeWire2011年4月12日、LimeWireを使用し、児童ポルノ動画を不特定多数が閲覧可能な状態にしたとして、兵庫県警少年育成課とサイバー犯罪対策室、葺合署は、兵庫県三木市の大学非常勤講師兼農家の男性(44)を、児童売春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2011年2月25日、自宅PCからLimeWireを使用し、16歳の少女のわいせつな動画を不特定多数が閲覧可能な状態にした疑い。男性は「児童の映像とは思わなかった」(神戸新聞)として容疑を否認しているという。

県警は、同日午前8時より男性の自宅を捜索し、パソコンに同ファイルが保存されていることを確認した。

MSN産経ニュースによると、男性はLimeWireを使用し、「平成17年に摘発された女子中学生や女子高校生が映ったわいせつなDVDの1枚分を」共有していたという。男性はシンセサイザー奏者として知られ、音楽ファイルをダウンロードする際に児童ポルノ動画も入手していたと見られる。

11

2010年8月: LimeWireで児ポ画像を公開の男性、児ポ法違反で現行犯逮捕

LimeWire2010年8月11日、LimeWireを使用し、Gnutellaネットワーク上に公開する目的で児童ポルノ画像を所持していたとして、千葉県警習志野署は、千葉県在住の無職の男性(47)を児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、同日8月11日、自宅パソコンに保存されていた児童ポルノ画像を、Gnutellaネットワーク上に公開し、不特定多数のユーザに公然と陳列する目的で所持していた疑い。男性は千枚を超える児童ポルノを所持していた。

男性は調べに対し、「共有ソフトを使っていたのは間違いないが、陳列目的ではない」(ちばとぴ)と容疑を否定しているという。

同県警のサイバーパトロール中に男性が児童ポルノを共有しているのを発見したのが、捜査の端緒となった。

参考記事

30

2009年11月: LimeWireでわいせつ動画を公開、男性を逮捕

LimeWire2009年11月30日、LimeWireを利用し、Gnutellaネットワーク上に猥褻な動画を公開したとして、香川県警生活環境課と高松南署は2009年11月30日までに、高松市の防水工の男性(42)をわいせつ図画公然陳列の疑いで現行犯逮捕した。

逮捕容疑は11月23日午前6時55分頃、自宅のパソコンからLimeWireを利用し、無修正のわいせつ動画をGnutellaネットワーク上に公開した疑い。男性は容疑について否認しているとのこと。四国新聞社には、

同署によると、藤沢容疑者は他のサイトから画像を取り込んでおり、「(公開は)問題ないと思った」などと容疑を否認している。

わいせつ図画公開容疑で男逮捕/県警が四国初摘発 | 香川のニュース | 四国新聞社

とあり、他のサイトで提供されていた画像だから自分も大丈夫だと思って公開していただけで、違法性を認識していなかったということなのかもしれない。もしくは、他でも公開していたものなのに、なぜ自分だけ、ということか。

また、押収されたPCからはわいせつ動画が約350本保存されていたことが確認されており、うち80本が少女を撮影したものであったことから、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑でも余罪を追及している。もしかしたら、児童ポルノ・児童ポルノ禁止法違反の線で追求していたが、現行犯逮捕の時点ではその公開が確認できなかったのかもしれない。

なお、11月30日には警視庁と9道府県警による、Shareを利用した著作権侵害事件の一斉摘発が行われていたが、香川県警によるこのケースもその一環として行われていたという。発表が30日までずれ込んだのはそのためかもしれない。

参考記事

25

2008年11月: LimeWireで児童ポルノ共有、男性1名を逮捕

LimeWire2008年11月25日、LimeWireを利用し、児童ポルノ動画をネット(Gnutellaネットワーク)上に公開したとして、北海道の飲食業男性(24)が、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で、長野県警に逮捕された。男性は、同年6月中旬、8〜9歳と見られる少女の裸が写った動画をLimeWireを利用し、他の利用者からアクセスできる状態にしていた。

LimeWireを利用した児ポコンテンツ共有による逮捕者は、国内では初となった(海外ではそうしたLimeWireユーザの逮捕はさほど珍しいものではなかったが)。

参考記事

24

2006年7月: LimeWireで漏洩した個人情報を元に不正アクセスの男性、逮捕

LimeWire2006年7月24日、LimeWireで漏洩していた個人情報を入手し、それを元に他人のインターネットバンキング口座にアクセス、約53万円を引き落としたとして、埼玉県の無職男性(34)が、不正アクセス禁止法違反、電子計算機使用詐欺、窃盗の容疑で、長野県警に逮捕された。男性は同年1月、LimeWireを利用して入手した情報から、石川県の男性の「郵貯インターネットホームサービス」に不正にアクセスし、自身の口座に送金していた。

逮捕された男性は他にも不正アクセス禁止法違反、電子計算機使用詐欺、窃盗の容疑で逮捕されており、いずれもLimeWireから入手した情報を元にしていたとされる。同年2月に、もう1人の男性(33)と共謀し、長野市の八十二銀行の他人のインターネットバンキング口座に不正アクセスし、預金95万円を入手したとして6月に逮捕、同年4月にLimeWireから入手した情報を元にみずほ銀行の他人のネットバンキング口座に複数回にわたって不正アクセスし、計1,000万円あまりを不正に入手した複数の架空の口座に移していたとして、9月に栃木県警に逮捕、翌年1月にも不正アクセス禁止法違反などの容疑で青森県警に逮捕され、最終的には不正アクセス禁止法違反や電子計算機使用詐欺、盗み、私電磁的記録不正作出・同供用などの罪に問われ、懲役4年(求刑6年)の実刑判決を言い渡された(信濃毎日新聞)。

LimeWireによる情報漏洩は、WinnyやShareで蔓延している暴露ウィルスによる情報漏洩とは異なり、初期の設定ミスによって引き起こされている。当時のLimeWireは、ダウンロード先に指定したフォルダをアップロードフォルダとして登録していたため、それを気づかずにマイドキュメントなど個人情報の含まれているフォルダをダウンロードフォルダとして登録したユーザの情報がだだ漏れになる、という状況にあった。(詳しくはこちら

参考記事

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ