heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

著作権侵害

28

2011年9月:Shareでアニメを公開の男性、著作権法違反容疑で逮捕

share2011年9月28日、Shareを使用し、「涼宮ハルヒの憂鬱」などアニメ作品を権利者に無断で公開していたとして、兵庫県警サイバー犯罪対策室などは、石川県金沢市の公立小学校教諭の男性(32)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。男性は「間違いありません」と容疑を認めているという。

逮捕容疑は、2011年8月1日、Shareを使用してアニメ作品「涼宮ハルヒの憂鬱」(角川書店)「けいおん!!」(TBS)「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」(アニプレックス)の各1話分を、不特定多数に送信可能な状態にした疑い。

男性はこのほか、1,000話分以上のアニメ作品を公開していた可能性もあるという。

兵庫県警サイバー犯罪対策室は、P2P観測システムを運用する警察庁からの通報を受けて捜査に着手。「ファイル共有ソフトに送信した容量が大きく」(MSN産経)、常習性、悪質性ともに高いと判断されたため、逮捕に踏み切ったのだという。

25

2011年8月:Shareで一般アニメ、アダルトアニメを公開の男性、著作権侵害で逮捕

share2011年8月25日、Shareを使用して「とある魔術の禁書目録II」などのアニメを不特定多数に公開していたとして、愛知県警生活経済課と千種署は、愛知県岩倉市の会社員の男性(40)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。男性は容疑を認めているという。

逮捕容疑は、2011年6月14日にコンピュータソフトウェア倫理機構正会員のアダルトアニメ作品を、2011年6月25日に「とある魔術の禁書目録供彗08話「大覇星祭」(アスキー・メディアワークス)を、Shareを使用して不特定多数に送信可能な状態にした疑い。

逮捕同日に行われた家宅捜索では、パソコン2台、ハードディスクケースなど5台(HDDは16台)が押収された。調べによると、男性はShareにて2万点以上、2.7TBものファイルを公開しており、その多くは成人向けのアニメーション作品であったという。男性は、Shareでダウンロードしたファイルをアップロードしていたという。

男性は10年ほど前からWinnyを使用し始め、3,4年ほど前から欲しいファイルが流通しているとの理由から、Shareに移行した。

男性は調べに対し、「ダウンロードするためにはアップロードしなければならないので」(ACCS)、「ダウンロードするためにはアップロードしなくてはいけないと思った」「Shareの利用者の間で『18禁アニメ等のアダルトコンテンツは取り締まっていない』との噂があったので大丈夫と思いアップロードしていた」(ソフ倫)などと供述しているという。

本件は、愛媛県警のサイバーパトロールにより発覚し、ACCSおよびソフ倫に連絡がいったものと思われる。ソフ倫によると「当機構調査部では、愛知県警からの要請により、アップロードされた大量のファイルに関する照会と真贋鑑定を実施し、全面的な捜査協力を行っています」とのこと。

17

ShareでDSゲームソフトを公開の男性、著作権法違反で逮捕

share2011年8月17日、Shareを使用し、ニンテンドーDS用ゲームソフトを不特定多数に送信可能な状態にしていたとして、兵庫県警少年育成課、生活安全企画課と伊丹警察署は、兵庫県西宮市の会社員の男性(38)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。男性は容疑を認めているという。

逮捕容疑は、2011年7月14日、Shareを使用し、「逆転裁判3」と「逆転裁判 蘇る逆転」(カプコン)と「Newスーパーマリオブラザーズ」と「マリオカートDS」(任天堂)を、権利者に無断で不特定多数にアップロードしうる状態にした疑い。

男性宅への家宅捜索は、逮捕のおよそ1ヶ月前の2011年7月14日に行われ、パソコン、ハードディスク、ファイル共有ソフトに関連する書籍等が押収された。

警察の調べによると、男性はおよそ1.6TBものファイルをShareで公開しており、ゲームソフト、アニメ、マンガ、音楽ビデオ、わいせつ動画など多岐にわたっている。また、こうしたファイルはWinMXなどで入手したものだったという。

男性は調べに対し、「ダウンロード速度を安定させるためアップロードしていた」、「ニンテンドーDS用ゲームソフトは自分で遊ぶためにダウンロードした」(ACCS)などと供述している。

また、男性は同日、Shareで児童ポルノ動画を公開していたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の容疑でも逮捕された。

2

2011年8月:Shareでアニメ作品を公開の男性、著作権法違反容疑で逮捕

share2011年8月2日、Shareを使用し、アニメ作品を公衆送信しうる状態にしたとして、愛知県警生活経済課と中署は、名古屋市のアルバイトの男性(28)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。男性は容疑を認めているという。

逮捕容疑は、2011年2月21日ころ、Shareを使用し、アニメ「とある魔術の禁書目録供彗17話『罰ゲーム』(アスキー・メディアワークス)を、権利者に無断で不特定多数に送信可能な状態にした疑い。

警察によると、男性がアップロードしていたファイルは、男性自身が録画した映像から作成されたものとみられる(いわゆる一次放流)。逮捕同日の家宅捜索では、パソコン2台、ハードディスク7台などが押収された。

男性は「7年くらい前からファイル共有ソフトを使用するようになり、自分の欲しいファイルを効率よく入手するためにアップロードした。」(ACCS)などと供述しているという。

また、逮捕以前の捜査段階で、「ネット上の登録記録」(MSN産経)から、男性が2010年1月から2011年6月にかけて、アニメ作品など12,729ファイル(約2TB)をShare上に公開していたことも判明しているようだ。「ネット上の登録記録」が具体的に何を指すのかは定かではないが、警察庁が運用する「P2P監視システム」のことかもしれない。

8

2011年7月:Shareで映画を公開の男性、著作権侵害容疑で最終送検

share2011年7月8日、Shareを使用し、映画作品を送信可能な状態にしたとして、岡山西署は、岡山市の会社員の男性(57)を、著作権侵害などの容疑で最終送検した。

送検容疑は、2011年3月13日から21日、自宅のパソコンからShareを使用し、「GANTZ」や「それいけ!アンパンマン だんだだんとふたごの星」など映画4作品を、権利者に無断で不特定多数に自動送信しうる状態にした疑い。

男性は調べに対し、「映画を公開することで、他人とのファイル交換を有利にしたいと思った」と供述しているという。また、押収された男性のパソコンからは、映画やわいせつ動画など約500ファイルが発見された。

22

2011年6月:ShareでPCゲームとコミックを公開の男性、著作権侵害容疑で逮捕

share2011年6月22日、Shareを使用し、PC用ゲームソフトおよびコミックを、不特定多数に送信可能な状態にしていたとして、鳥取県警生活環境課と松江署は、鳥取県境港市の自衛官の男性(29)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。男性は、2011年5月30日、Shareで児童ポルノ画像を公開目的で所持していたとして逮捕されていた

逮捕容疑は、2010年3月3日頃、コミック『ぽにぽに 第10巻』(スクウェア・エニックス)およびPC用ゲームソフト『真・三國無双4 Special』(コーエーテクモゲームス)を、2010年9月10日に、PC用ゲームソフト『信長の野望 天道』(コーエーテクモゲームス)を、いずれもShareを使用し、権利者に無断で、不特定多数に送信可能な状態にした疑い。

調べによると、男性はWinnyで入手したファイルを、Shareに流していた、所謂「輸入」をしていたという。また、男性はゲームソフト、わいせつ画像、映画、アニメ動画、コミックをShareで公開していたと見られており、家宅捜索で押収したパソコンからは、約1,600のファイルを共有していたことが確認された。

また、男性が公開していたと見られている『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 第14巻』(角川書店)についても、権利者が告訴しているとのこと。

男性は調べに対し、「ダウンロードの速度を安定させたかったのでアップロードしていた」(ACCS)と供述している。

男性は、2011年5月30日に、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列目的所持)の容疑で現行犯逮捕され、6月21日に児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)およびわいせつ図画公然陳列の罪で起訴されている。

本件は、島根県警のサイバーパトロール中に発覚し、ACCSを通じて権利者に連絡、告訴に至ったものと見られる。

個人的に気になったのは2点。1つは、逮捕容疑が1年以上も前の公開であること。ISPがログを1年間も保存しているとは思いにくいのだけれども、固定IPだったのか、ファイルの作成日時から割り出したのか。もう1つは、5月30日の逮捕が児童ポルノの公然陳列目的所持の容疑で逮捕されているものの、児童ポルノの公然陳列およびわいせつ図画公然陳列の罪で起訴されている点。

3

2011年6月:Shareでアニメ作品を公開の男性、著作権侵害容疑で逮捕

share2011年6月3日、Shareを使用し、アニメ作品『明日のナージャ』を権利者に無断で公開したとして、高知県警生活環境課と高知南署は、高知県カナン市の会社員の男性(27)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕、翌6月4日に高知地検に送致した。

逮捕容疑は、2011年6月3日、東映アニメーションが著作権を有するアニメ『明日のナージャ』の第1話「ナージャ、運命の扉!!」、第2話「怪盗黒バラの夜」を、権利者に無断でShareネットワーク上にて不特定多数に送信可能な状態にした疑い。

逮捕同日に行われた家宅捜索では、パソコン2台、外付けハードディスク等が押収された。警察の調べによると、男性はアニメなど、約1.8テラバイト(約6500ファイル)をアップロード可能な状態にしていたと見られている。これら公開していたファイルが、「Shareで入手したファイルをそのままアップロードしていたものと見て捜査中」(ACCS)とのこと。これがキャッシュ状態であるのか、それとも改めてアップロードされたものなのかは不明。

男性は調べに対し、「ファイル共有ソフトを使うものとして当然のことをした」(ACCS)と供述しているという。

本件は、高知県警のサイバーパトロール中に発覚し、ACCSを通じて著作権者に連絡、告訴に至ったと見られる。

31

2011年5月:Shareでアダルトゲームとアダルトアニメを公開の男性、著作権侵害容疑で逮捕

share2011年5月31日、Shareを使用し、ゲームおよびアニメ作品を不特定多数に送信可能な状態にしたとして、愛知県警生活経済課と豊田署は、愛知県のアルバイトの男性(37)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2011年1月13日と14日、自宅のパソコンからShareを使用し、コンピュータソフトウェア倫理機構(以下ソフ倫)会員社が著作権を有するゲームおよびアニメ作品を、権利者に無断で不特定多数に自動送信しうる状態にした疑い。また、同時に無修正のわいせつ画像や動画を公開していたことから、猥褻図画公然陳列の容疑でも逮捕されている。

男性は調べに対し、趣味で収集していたことを認めているという。

ソフ倫のニュースリリースによると、本件は、愛知県警によるサイバーパトロールの際に発覚し、ソフ倫にファイルの照会があったことから、ソフ倫会員社2社による告訴に至ったという。

著作権侵害の対象となったゲームソフトおよびアニメDVDの詳細については明らかにはされていないものの、ソフ倫の会員社が、主にアダルトコンテンツメーカーから構成されていることから推測するに、これらはアダルトゲーム(いわゆるエロゲ)、アダルトアニメであると考えられる。

ソフ倫会員社のゲーム、アニメ作品に対する著作権侵害が刑事事件化したのは、本件が初めてというわけではなく、2010年2月のAVアップロード(Share)、2011年1月の一斉摘発などでも見られている。

なお、このニュースリリースの末尾には以下のような文章が掲載されている。

当機構調査部では、愛知県警からの要請により、アップロードされたファイルに関する真贋鑑定を実施し、全面的な捜査協力を行っております。

ここを読む限りでは、ソフ倫側が積極的に捜査を働きかけたというよりは、愛知県警からの要請に応じて当該ファイルの鑑定を行ったようにも思われる。もちろん、以前から会員社コンテンツの著作権侵害に対する告訴について相談していたために、愛知県警からコンタクトがあった可能性もある。いずれにしても、警察のサイバーパトロール中に発見した著作権侵害を、権利者に報告するというスキームが出来上がりつつあるようだ。

31

2011年5月:Shareでアニメ「バクマン」を共有の男性、著作権法違反容疑で逮捕

share

2011年5月31日、Shareを使用し、アニメ作品を不特定多数に送信可能な状態にしたとして、山形県警上山署は、県警生活環境課、県情報技術解析課の応援を得て、山形県天童市の会社員の男性(32)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2011年4月26日頃、自宅のパソコンから、小学館集英社プロダクションが著作権を持つアニメ「バクマン」の動画を権利者に無断で、Shareネットワークにて不特定多数が入手可能な状態にした疑い。

男性は調べに対し、容疑を認めているという。

本件は、県警サイバー犯罪対策室のサイバーパトロールにて発覚、内偵捜査により男性が特定されたとのこと。Shareを使用した著作権侵害事件の摘発は、山形県では初となる。

17

2011年5月:ShareでPSPソフト、コミック、わいせつ画像を公開の男性、著作権侵害容疑とわいせつ物公然陳列の容疑で逮捕

share2011年5月17日、Shareを使用し、ゲームソフトおよび漫画作品を不特定多数に送信可能な状態にしたとして、愛知県警生活経済課と南署は、愛知県名古屋市の会社員の男性(33)を、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2011年2月3日頃、Shareを使用し、スクウェア・エニックスが著作権を有するP2P用ゲームソフト「タクティクス・オウガ 運命の輪」を、また2011年3月7日頃、アスキー・メディアが出版するコミック「いちごましまろ」を、権利者に公衆に送信しうる状態にした疑い。

逮捕同日に行われた家宅捜索では、パソコン、ハードディスク、ゲーム機、DVDがなどが押収された。男性はゲームソフト、コミック以外にも、アニメ動画、わいせつ画像、映画などをShareを通じてアップロードしており、押収したパソコンの分析から、5,000以上のファイルがShareでアップロード可能な状態になっていたという。

男性は調べに対し、「ファイルを共有したかったため」(ACCS)と供述しているのだが、なぜ共有したかったのか、という詳細な動機までは不明。また、男性は5年前からWinnyを使用しファイル共有を行っていたが、途中からShareに乗り換えて使用していたという。

ACCSによると、男性は「ゲームソフトと漫画作品をShareネットワークから入手し、アップロードしていた」とのこと。いわゆる一次放流者とは異なるように思われるが、キャッシュによる逮捕なのか、それとも二次的な放流による逮捕なのかは不明。(キャッシュ保持による摘発という線もありうるが、それならば特記事項としてあげらていそうなものだが…)

本件は、愛知県警のサイバーパトロール中に発見、ACCSを通じて権利者に連絡されたことが、捜査の端緒となった。

また、男性はShareを通じてわいせつ画像も公開しており、わいせつ物公然陳列の容疑でも逮捕された。

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ