2010年9月27日、Shareを使用し、PSP用ゲームソフトやわいせつ画像などをShareネットワーク上に公開したとして、愛知県警生活経済課と刈谷署は、愛知県大府市の会社員の男性(42)を著作権法違反(公衆送信権侵害)とわいせつ物陳列の疑いで逮捕、29日に名古屋地検岡崎支部に送致した。

逮捕に先立ち、2010年7月に男性宅が家宅捜索され、パソコン6台、改造PSP1台(おそらくCFWがインストールされたもの)などが押収された。

逮捕容疑は、2010年5月11日および28日、ソニーコンピュータエンタテイメントが著作権を持つPSPゲームソフト「勇者のくせになまいきだ:3D」、カプコンが著作権を持つPSPゲームソフト「ストリートファイターZERO3↑↑」を、権利者に無断でShareネットワーク上に公開し、不特定多数のユーザに公衆送信しうる状態にした疑い。

調べによると、男性はPSPソフト以外にも、PSP用にエンコードしたアニメ、映画、テレビ番組など1,600以上のファイルをアップロードしていた。男性は7年前からWinnyを使用し、3年前からShareも併用するようになった。逮捕時には、Shareの方が「使いやすい」としてShareのみを利用していたという。

男性は調べに対し、「自分のほしいファイルを効率よく入手するため、ダウンロードしたファイルをそのままアップロードフォルダに移動し、ダウンロード速度を安定させていた」と供述し、容疑を認めている。

2010年7月の愛知県警によるサイバーパトロール時に事件が発覚、ACCSを通じて著作権者に連絡したことが捜査の端緒となった。最近は、捜査機関から権利者への情報提供により、被害届の提出、事件化という流れがしばしば見られる。発覚以前より、P2Pファイル共有ネットワーク上での著作権侵害について、捜査機関に相談していたためであるとは思えるのだが…。

参考記事