share2010年6月23日、愛知県警生活経済課と南署は、Shareを使用し、Wii用ゲームソフト「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST −黄昏の少女−」をShareネットワーク上に公開したとして、 群馬県在住の無職の男性(35)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕し、25日に送検した。

逮捕容疑は、2010年4月7日、スクウェア・エニックスが著作権を有するWii用ソフト「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST −黄昏の少女−」を権利者に無断でShareネットワーク上に公開し、不特定多数のユーザに公衆送信しうる状態にした疑い。男性は調べに対し、「ただでソフトウェアを入手したかった。7年前からファイル共有ソフトを使い始めた」と供述している。

ACCSによると、男性は、私物のパソコンを勤め先の会社(現在は無職とされているので、逮捕以前に解雇/退職があったと推測される)に持ち込み、会社のインターネット接続からファイル共有ソフトを使用していたとみられる。逮捕に先立ち、2010年5月12日に会社および自宅への家宅捜索が行われ、このPCからShare、WinMX、Winny、PerfectDarkの4つのファイル共有ソフトがインストールされていたことが確認されている。

この家宅捜索では、PC2台、ハードディスク4台、改造Wii本体(CFWを導入したものと思われる)1台が押収された。

2010年4月、愛知県警のサイバーパトロール中に男性による著作権侵害を発見したことが捜査の端緒となった。愛知県警は、ACCSを通じて著作権者に連絡した。

また、この男性はゼンリンやトヨタマップスターのカーナビソフトなども権利者に無断で送信可能状態に置いていたようで、これについても権利者が告訴を予定しているとのこと。

さらに、男性はわいせつ画像約2500枚も公開しており、わいせつ物陳列容疑でも逮捕されている。

参考記事