Perfect_Dark_2010年6月10日、PerfedtDarkを使用し、アニメ『おおきく振りかぶって』の動画ファイルをPerfectDarkネットワーク上に公開したとして、京都府警ハイテク犯罪対策室と城陽署、岡山県警、佐賀県警の合同捜査班は、大阪府在住の自営業の男性(43)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2010年5月14日、同日テレビ放映されたアニメ『おおきく振りかぶって〜夏の大会編〜第7話』を、権利者に無断でPerferctDarkネットワーク上に公開し、不特定多数のユーザに公衆送信しうる状態にした疑い。男性は「私が第1次放流しました」(MSN産経ニュース)と容疑を認め、「(流出データを)ネットでもらってばかりいて、貢献したいと思った」と語っているという(毎日jp)。

男性は2年前よりPDやShareを利用して、アニメなど約1000作品を一次放流したとみられている。ただ、2010年1月より警察庁が正式に運用を開始した「P2P観測システム」による監視を恐れ、PerfeftDarkのみで放流するようになったという。逮捕後は、「(PerfectDarkなら)絶対につかまらないと思っていた。警察を甘く見ていた」と供述しているという(毎日jp)。

なお、このケースはPerfectDarkを利用した著作権侵害での検挙としては2例目となる。今回、京都府警、岡山県警、佐賀県警の合同捜査となったのは、京都府警が岡山、佐賀の両県警に捜査留学を打診したため。捜査のノウハウを伝授し、その手法を広めることが目的とのことで、京都府警ハイテク犯罪対策室の野村幸雄室長は、「捜査員の数も限られる中、他の警察と協力した方が犯罪抑止にも得策」という。

京都府警はP2Pファイル共有に関わる犯罪を数多く扱ってきたが、そのノウハウを他都道府県警に広めれば、より多くの摘発が可能になり、そのことが抑止力になると考えているのだろう。

参考記事