heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

2009年09月

29

2009年9月: レコード会社各社、違法共有を行っていたWinMXユーザと和解が成立

winmx_logo2009年9月29日、RIAJ(日本レコード協会)は、2009年3月に情報開示請求を行っていたWinMXユーザとレコード会社各社との和解が成立したことを明らかにした。

2009年3月、RIAJのメンバー企業各社は、WinMXを利用し、レコード会社各社が権利を有する音楽ファイルを違法に送信していたユーザ4名の発信者情報開示請求を行っていたが、うち情報開示がなされた2名との協議を進めた結果、今後二度と同様の権利侵害を行わない旨の誓約書の提出、損害賠償金としてそれぞれ100万円の支払いを持って、和解が成立した。

残りの2名について、情報開示がなされたのかどうか、協議が進められているのかどうかは不明。

このケースでは、100万円の賠償金額であったが、以前の和解では、平均45万から48万円であった。

参考記事

28

2009年9月: DSソフト「ドラゴンクエスト9」をShareで公開、男性2名を逮捕

shareファイル共有ソフト「Share」を利用し、ニンテンドーDSのゲームソフト「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」」などのイメージを権利者に無断 で送信可能状態にしていたとして、千葉県警生活経済課サイバー犯罪対策室と千葉北署は、愛知県の会社員の男性(30)を2009年9月28日に、神奈川県のアルバイ トの男性(23)を30日に、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

会社員男性の逮捕容疑は、2009年7月14日 から17日の間に、Shareを通じ「ドラゴンクエスト9 星空の守り人」(スクウェア・エニックス)、「トモダチコレクション」(任天堂)、「裁判員推 理ゲーム 有罪×無罪」(バンダイナムコ)など3社計16作品を権利者に無断で、不特定多数のユーザに公衆送信しうる状態にした著作権(公衆 送信権)侵害の疑い。男性は調べに対して容疑を認めているという。

アルバイト男性の逮捕容疑は、2009年7月14日から15日 の間に、Shareを通じ「ドラゴンクエスト? 星空の守り人」(スクウェア・エニックス)、「逆転裁判」(カプコン)、「モンスター☆レーサー」(コー エー)、「もっと脳を鍛える 大人のDSトレーニング」(任天堂)、「ドラゴンボール改 サイヤ人来襲」(バンダイナムコ)など5社計227作品を権利者に無断で、不特定多数のユーザに公衆送信しうる状態にした著作権(公衆送信権)侵害の疑 い。調べに対しては容疑を認めているという。調べに対して容疑を認め「ソフトを人に分けてあげたかった」と供述しているという。

いずれのケースも、千葉県警の捜査員がサイバーパトロールによって両名の著作権侵害行為を発見したという。また、8月24日の家宅捜索の際、両名の自宅から「R4」などのマジコンが押収されている。

なお、本件を扱った千葉県警は、P2Pファイル共有を利用した著作権侵害事案を初めて扱ったことになる。この件に関して、ACCS(コンピュータソフトウェア著作権協会は)、千葉県警および千葉北署に感謝状を贈呈している。まぁ、P2Pファイル共有における著作権事案を扱ってくれたことに対しては、本気で感謝しているだろうしねぇ。

参考記事

17

2009年8月: 国内公開中の海外映画をShareで公開した男性、逮捕

share2009年月17日、ファイル共有ソフトShareを利用して「ハリー・ポッターと謎のプリンス」など映画3作品をオンラインで共有していたとして、埼玉県警生活安全企画課は、埼玉県の無職男性(28)を著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2009年7月5日から29日にかけて、Shareを利用し映画3作品を不特定対数のユーザに公衆送信しうる状態にした著作権侵害の疑い。男性は「(パソコンに感染した)ウイルスがやった。自分は知らない」と容疑を 否認している という。

共有されていた「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は スペイン語字幕がついており、海外の映画館で盗撮されたもの とみられている。他にも来月11日に国内リリース予定のDVD「ウォッチメン」の動画もあり、こちらは海外で発売されたDVDからリッピングされたものと思われる。

今回のケースでは、海外の複数の映画スタジオからの依頼を受け、日本国際映画著作権協会が今年5月下旬に埼玉県警に相談したことから捜査が始められ、同協会の告訴をもって逮捕に至った。

また、容疑者の男性は「ハリー・ポッターと謎のプリンス」など映画3作品以外にも、多数の映画をリリースしていたとみられている。

ネット上では昨年11月から今年7月にかけ、映画など約260作品が「God Bird」などの名義で配信され、公開前の作品を高画質で見ることができるとして知られていた。

シェア使いハリポタ新作配信 埼玉、著作権法違反容疑で男逮捕 - 47NEWS

実際に、260作品もリリースしていたことをどうやって確認したのかは不明だが、GodBird655EUgxhaのIDでShareネットワークにリリースされている映画等の作品はSharedbで確認できるだけでも、 208件ヒットする 。 Sharedbは2ちゃんねるの書き込みをベースにしているので、ヒットしたファイルがShareネットワーク上に存在しているかどうかは、実際に確認し てみないとわからないが…。かなりの量を放流していたみたいねぇ。ただ、映画が多いものの、アニメシリーズや音楽シングル・アルバムなども数多くあり、様々なジャンルに渡ってアップロードを繰り返していたとみられる。

この事件は、埼玉県警が扱っているが、同県警がP2Pファイル共有における著作権侵害を扱ったのは初めてとなる。

参考記事

15

2009年9月: Winnyで映画を違法配信、男性1人を逮捕

winny_logo通算6例目となるWinnyを利用した著作権侵害事件の検挙事例。

P2Pファイル共有ソフトWinnyを利用し、映画「デトロイトメタルシティ」やテレビドラマなどを不正に配信したとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは9月15日までに、消防署員の男性(58)を著作権法違反(公衆送信権の侵害)の容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、2008年11月29日から2009年2月6日にかけて、自宅のパソコンでWinnyを利用し、映画「デトロイトメタルシティ」、テレビドラマ 「マラソン」など4作品を不特定対数のユーザに公衆送信しうる状態にした著作権侵害の疑い。2008年12月に、「デトロイトメタルシティ」の配給元 東宝が「DVD発売前にもかかわらず、作品がネット上に流出している」( Internet Watch )と相談したから、警視庁が捜査していた。

警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは、2009年3月、容疑者宅を家宅捜索し、DVD約700枚を押収。容疑者は捜査後の3月末、一身上の理由から依願退職している。

容疑者は調べに対し、「他人に売らなければ大丈夫だと思った」( 時事ドットコム )、「映画が趣味だった。」( 47NEWS )、「消防署からファイル共有ソフトの使用禁止の指導を受けていたが、無料で映画を入手できるという安易な気持ちが上回った」( 毎日jp )と供述している。また、5年間で約3000作品をダウンロードし、そのうち約1000作品を無断で配信していたという。

不正に配信された映画やドラマの入手元は主にファイル共有ソフトを利用して入手していたと見られ、主に映画はWinMX、ドラマはWinnyとファイル共有ソフトを使い分けていたという。

男性に対する裁判の傍聴記事によると、この男性は事件後、離婚されたそうだ。

上記の記事にはないが、この男性には懲役1年執行猶予3年(求刑1年)の判決が言い渡されている。

参考記事

8

2009年9月: PeerCastで公開前映画を配信、男性を逮捕

2009年9月8日、P2Pストリーミング配信ソフトPeerCastを利用し、日本では劇場公開前の映画「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」を配信したとして、愛媛県警は愛媛県在住の35歳の男性を著作権法違反(公衆送信権の侵害)の容疑で逮捕した。

YOMIURI ONLINEによると、容疑者の男性は今年6月28日午後10時25分から約50分間、PeerCastを利用し字幕付の同映画を自身のウェブサイトから配信、不特定多数のユーザに閲覧可能にした疑い。

動機については、「最新映画を見せたかった」(47NEWS)、「営利目的ではなく、自分が配信した映画を世界の誰かに一緒に見てほしかった」(YOMIURI ONLINE)と供述しているという。

PeerCastを利用した違法配信での逮捕は全国でも初めて。

いわゆるP2Pファイル共有とはやや毛色の違う、P2Pライブビデオストリーミングによる摘発であったが、P2P技術によって可能となった事件であるため、ここに掲載する。

参考記事

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ