heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

2009年02月

23

2009年2月: Winny暴露ウィルスによる盗撮画像流出、撮影者の男性を逮捕

winny_logoWinny暴露ウィルスに感染したPCより漏洩した盗撮画像がネット掲示板等で話題となり、PCの所有者であり盗撮画像を撮影した宮城県の会社員男性(28)が出頭、2009年2月23日、県迷惑防止条例違反で宮城県警塩釜署に逮捕された。逮捕容疑は、同月6日、県内の100円ショップにて女子高生のスカートの中を盗撮した疑い。

この一件は、男性がWinny上に氾濫している暴露ウィルスに感染し、漏洩した個人情報を入手した人物が2ちゃんねるダウンロードソフト板にて報告したことに端を発する。その後、漏洩した情報から撮影者個人や撮影場所の特定が進められ、同月8日深夜には、本人と思われる人物が掲示板に降臨。盗撮を謝罪するとともに、出頭することを約束。翌日には塩竃署に出頭し、事情聴取、家宅捜索を受けたことなどが書き込まれた。

この一件は、Winnyを利用していたことで発覚した事件であり、直接関連するニュースではないのかもしれないが、その過程にP2Pファイル共有が大きく関わっているため、掲載することにする。なお、この記事は、漏洩した情報を入手し、個人を特定することを是とするものではない。

参考記事

13

2009年2月: Shareユーザ、児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕

share2009年2月13日、Shareを利用し、 他の利用者に児童ポルノ動画、画像を公開したとして、京都府の塾講師男性(44)、岐阜県の会社員男性(44)が、 児童買春・児童ポルノ禁止法違反(公然陳列)の容疑で、京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室、少年課、上京署に逮捕された。逮捕容疑は、2009年1月頃、Shareを利用し、少女の猥褻な画像や動画を不特定多数のユーザに閲覧可能な状態にした疑い。

これまでWinMXeMuleLimeWire、うたたね、Winnypを利用した児童ポルノ共有ユーザの逮捕はあったが、Shareを利用した児童ポルノ禁止法違反による逮捕はこれが初めてとなった。

参考記事

12

2009年2月: Winnypユーザ、児童ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕

winny_logo2009年2月12日、WinnypやeMuleを利用し、 他の利用者に児童ポルノ動画を提供していたとして、千葉県の会社員男性(28)が、 児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供、提供目的所持)の容疑で、埼玉県警に逮捕された。逮捕容疑は、2008年9月24日、eMuleを利用し、外国人と見られる10歳前後の少女のポルノ動画を提供した疑い。また、2009年1月15日にも同様のポルノ動画をWinnypの共有フォルダに置いた状態でネットワークに接続していた。

emule押収した男性のPCにはeMuleはインストールされてはいなかったが、解析したところ、2008年3月から11月にかけて、eMuleを利用していたことが確認された。男性は、2008年11月にeMuleユーザが児童ポルノ共有で同県警に逮捕されたという報道を知り、怖くなって削除していた。それでも、Winnypの利用は継続していたようで、1日に約30GBものデータを送信していたと見られている(全て児童ポルノ動画かどうかは不明だが)。

男性は調べに対し、容疑を認め、「14歳以上はダメだ。eMuleは児童ポルノ動画を収集する最高のツールだ」(MSN産経ニュース)と供述していたという。

この件は、昨年6月、ドイツの捜査機関が国際刑事警察機構を通じ、警察庁に情報提供したことで捜査が開始された(asahi.com)。

参考記事

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ