heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

2008年11月

25

2008年11月: LimeWireで児童ポルノ共有、男性1名を逮捕

LimeWire2008年11月25日、LimeWireを利用し、児童ポルノ動画をネット(Gnutellaネットワーク)上に公開したとして、北海道の飲食業男性(24)が、児童買春・ポルノ禁止法違反の容疑で、長野県警に逮捕された。男性は、同年6月中旬、8〜9歳と見られる少女の裸が写った動画をLimeWireを利用し、他の利用者からアクセスできる状態にしていた。

LimeWireを利用した児ポコンテンツ共有による逮捕者は、国内では初となった(海外ではそうしたLimeWireユーザの逮捕はさほど珍しいものではなかったが)。

参考記事

12

2008年11月: eMuleで児童ポルノ共有、男性3名を逮捕

emule2008年11月12日、eMuleを利用し、他の利用者に児童ポルノ動画を提供する目的で所持していたとして、和歌山県の団体職員男性(27)、広島県の会社員男性A(37)、東京都の会社員男性(36)が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供目的所持)の容疑で、埼玉県警に逮捕された。

県警によると、3人は同年9〜10月に、18歳未満の少女がわいせつな行為を受けている動画をeMuleの共有フォルダにおいた状態で、ネットワーク(ed2kなのかkadなのかは不明)に接続していたという。

彼らが共有していたファイルは、いずれも自身が撮影したものではなく、eMule以外にもWinnyやShareなどを利用し、インターネット上で収集されたものであった。eMuleを利用して児童ポルノ動画を交換していた理由として、「eMuleが最もレア(珍しい)なファイルを手に入れやすかった」(YOMIURI ONLINE)ためであったという。

この摘発は、同月ブラジルで開催された第3回「児童の性的搾取に反対する世界会議」を直前に控え、世界74カ国が連携して児童ポルノ撲滅に向けた国際的オペレーションの一環であったと見られる。日本での摘発に先んじて、ブラジルスペインでも、eMuleやKazaaを利用した児童ポルノ共有者の一斉摘発が行われていた。そうした捜査を進めていた海外の機関(おそらくはインターポール)から、日本のeMuleユーザが児ポ動画を共有しているとの情報を受け、埼玉県警が捜査を開始した。

なお、eMuleを利用した犯罪の逮捕事例は、これが初となる。

P2Pファイル共有ネットワーク上での児童ポルノ共有に対する摘発は、2002年7月のWinMXユーザの逮捕以降、久々のものとなったが、この事件を境に、頻繁に摘発がすすめられるようになった。

参考リンク

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ