heatwave_p2p

もうだめぽニュース

P2Pファイル共有に関連した国内検挙事例、裁判を振り返ります。

2008年01月

24

2008年1月: Winnyウィルス制作者逮捕、アニメ画像の不正使用による著作権侵害で

winny_logo2008年1月24日、Winnyネットワーク上に「CLANNAD−クラナド−」の画像を利用したコンピュータウィルスを不特定多数のインターネットユーザに送信可能な状態にしたとして、大阪府の大学院生男性(24)が、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条署に逮捕された。

この大学院男性が、ばらまいていたのは「原田ウィルス」と呼ばれるウィルスの亜種で、デスクトップに画像を表示したり、コンピュータ内のファイルを削除、または画像に置き換えるなどするもの。元々は、原田と名乗る男性の画像を表示させていたのだが、逮捕のきっかけとなった亜種は、クラナドの画像に「まだ懲りずにP2P使って楽しんでるお馬鹿なヲタ野郎はマジ殺すww」という文字を表示させるよう加工されており、実行することでこの画像の表示、データの破壊などを行うものとなっていた。このウィルスのネットワーク上へのリリースに際して、同日逮捕された2名のアニメリリーサーのトリップを騙っていたとされている。

大学院生男性は、警察の調べに「ウィルスを作ったのは僕です。クラナドを使ったのは、話題性があるからです。」と供述し、容疑を認めた。

また、彼はオリジナルの原田ウィルスの制作者であったことから、2月に名誉毀損の容疑で再逮捕されてもいる。オリジナルの原田ウィルスでは、男性の画像が表示されるようになっており、その男性からの訴えであった。

2008年5月16日、京都地裁は名誉毀損および著作権侵害の罪で、懲役2年、執行猶予3年(求刑2年)の有罪判決を下した。

ある意味では、ウィルス作成・頒布罪のない日本で、著作権法をむりくり駆使して有罪まで持って行ったという感もある。その問題点については、こちらの記事を参照されたし。

参考記事

24

2008年1月: Winnyで3例目となる逮捕、ダウソ板で有名なアニメ職人2名

winny_logo2008年1月24日、Winnyを利用しサンライズのアニメ『アイドルマスター XENOGLOSSIA』、『機動戦士ガンダムOO』を無断でアップロードできる状態にしたとして、大阪府の会社員男性(39)、兵庫県の無職男性(35)が、著作権法違反(公衆送信権侵害)の容疑で京都府警生活経済課ハイテク犯罪対策室と五条署に逮捕された。

両名とも逮捕当時より容疑を認めており、4年以上にわたり、それぞれ約5,700回、約3,500回に渡り、アニメを違法にリリースし続けていた。彼らは、2ちゃんねるダウンロード板ではよく知られた職人(トリップ)であったようだ。「(利用者に)感謝されたかった」「自分の放流する作品を期待する人がいると思うと、やめられなかった」と供述している背景には、そういった事情があるのだろう。

2008年3月、無職男性に対する初公判が開かれ、彼は「ダウンロードだけしていると、他のウィニー利用者からたたかれる傾向があり、お礼の意味で配信を始めた」と動機を説明した。即日結審し、求刑1年に対し、懲役1年、執行猶予3年の判決が下された。また、会社員男性のケースでも同様に、懲役1年、執行猶予3年の有罪判決が下された。

逮捕当時、ACCSの久保田裕氏はこの事件について

ファイル交換ソフトを悪用したアップロード行為者については、技術的に捕捉する環境もすでに整ったことから、ACCSではこれまでの対策を更に推し進め、捜査機関やプロバイダに対してアップロード行為者のIPアドレスなどの情報を提供するほか、権利行使などのあらゆる手段を講じて、著作権侵害行為の排除に努めていきます。

改めてACCSでは、著作権侵害を行っている確信犯には徹底的に対峙することを宣言し、ファイル交換ソフトを悪用して著作物の違法アップロードを行っている利用者に対しては、直ちに違法行為を中止するよう、強く求めます。

Winnyによる3度目の公衆送信権侵害事件、3人を逮捕 | 著作権侵害事件 | ACCS

とコメントした。また、ACCSはプレスリリースで、2007年5月の逮捕時と同様に、Winnyの利用そのものが『違法な送信行為に「加担」』するものであると警告し、Winnyの利用を止めるよう求めた。

記事検索
livedoor プロフィール
このブログについて
このブログにて、私が書くなどした箇所については、ご自由に使っていただいてかまいません。

コメント欄は開放しておりますが、紹介している事例の関係者に関わる個人情報等(たとえば個人名や企業名)の書き込みについてはご遠慮ください。そうしたコメントについては、削除する場合もあることをご了承ください。
  • ライブドアブログ